示談にかかる期間

示談がどれくらいかかるのかは気になるところかもしれませんが、交通事故の示談がどれくらいかかるかはケースバイケースです。事故の状況や交渉を依頼した弁護士によって変わってくることもありますからここで一概に期間を説明することは難しいでしょう。保険会社がかなり手ごわく強硬な姿勢を見せているとなると示談交渉が難航することもありますし、すんなりと示談がまとまることもあります。こればかりは実際に示談交渉に挑んでみないと分かりません。損害額のみ争いのある示談だと3ヶ月以内にまとまることもありますが、過失割合の争いになると3ヶ月以上かかることもあります

弁護士誰もができるだけ早く示談を終わらせたいと思っているでしょうし、示談が終わらない限りお金が入ってこないのですから早く終わるのに越したことはありません。では、どうすれば示談をスピーディに終わらせられるのかということですが、基本は有能な弁護士を雇うということになります。しかも、交通事故における示談交渉に強い弁護士に依頼するということが大前提となりますから覚えておきましょう。交通事故問題に強い弁護士はたくさんいますし、経験豊富な弁護士に依頼することで短期間での解決も可能になります。

示談交渉

病院での治療が終われば加害者の加入している保険会社と交渉をすることになります。治療期間が長くなると保険会社のほうが早く治療を終わらせて示談交渉に入りたいというようなことを言ってくることもありますが、これには注意が必要です。実際こうしたことはよくあるようですし、保険会社からの治療費打ち切りなどと呼ばれています。示談交渉は自分で行っても良いのですが、百戦錬磨の保険会社に一素人が敵うわけがありません。法律にも精通していますし、顧問弁護士なども後ろについていますから不利な条件で示談を終わらされてしまう可能性があります。

弁護士ではどうすればいいのかということですが、最初に少しお話したようにこちらも弁護士に示談交渉を依頼するといった方法があります。弁護士に示談交渉をお願いすればこちらが損をするような示談金を受け入れることはありませんし、きっちりと交渉してくれます。示談がすべてまとまれば保険会社から支払われるお金を受け取り、弁護士に報酬を支払います。弁護士費用は着手金のほかに報酬が必要となりますが、報酬は示談金の1割程度になることが多いです。ただ、示談金を増額できなかった場合には不要ということがほとんどです。

警察と病院

事故の被害に遭ったときにはまず警察に連絡をする必要がありますが、恐らくこれは加害者側が警察に連絡するでしょう。もし加害者が警察に連絡しない場合には自ら連絡しなくてはなりません。交通事故を起こした加害者によっては警察に連絡せずその場の示談で済まそうとするようなこともありますが、その場での示談に応じるのは危険です。警察に連絡せずに示談にしたいというケースだと飲酒運転などの違法行為をしていた可能性がありますし、警察が来てしまうと何かまずいことになることが考えられます。

警察いずれにしてもその場で示談に応じてしまうと自分に不利な状況になってしまうことも考えられますから、加害者が警察を呼ばずにここで示談にしてほしいと言ってきても相手にしないことです。まずは警察を呼ぶことが大切ですし、もしケガなどをしている場合には病院へ行きましょう。基本的に人身事故の場合には入院や治療がすべて終わってから示談交渉を始めることになります。入院していると入院費も必要となりますし、後遺障害の内容などもまだ分かりませんから示談のしようがありません。入院の場合だと半年、もしくはそれ以上かかってしまうこともあります。とりあえずは病院での治療が終わるまで待たねばなりません。

交通事故示談の流れ

交通事故の被害に遭ったときは示談交渉を行うことが多いです。示談交渉を誰と行うかというと、加害者が加入している保険会社となりますが、もし加害者が任意保険に加入していない場合には加害者本人と示談交渉をしなくてはなりません。これまでに交通事故を経験しているという方だと事故に遭ったあとにまず何をするべきか、今後どのように動けばいいのかもある程度理解していると思いますが、初めての交通事故となるとそうもいかないでしょう。

示談金ただでさえ交通事故の被害に遭ってしまうと精神的なショックを受けてしまいますし、今後どのように行動すればいいのかなどまともな思考が働きません。初めての事故ともなれば何をすればいいのかも分からないでしょうし、誰に相談したらいいのかすらも分からないのではないでしょうか。事故の被害に遭ったときには示談交渉をする必要がありますが、基本的にこうした示談は弁護士に任せることになります。そのため、まずは弁護士に相談したほうが良いでしょう。

では、交通事故の被害に遭った直後から実際に示談金を受け取るまでの流れとはいったいどのようなものなのでしょう。これについても恐らく初めての交通事故という場合だと分からないと思いますし、まったく想像もつかないのではないでしょうか。そこで、このサイトでは初めて交通事故の被害に遭った方、事故の発生から実際に示談金を受け取るまでの流れについてお伝えしたいと思います。ぜひ参考にしてください。